nterakado

Forum Replies Created

Viewing 15 posts - 1 through 15 (of 93 total)
  • Author
    Posts
  • in reply to: 実行速度向上の問題 #2773
    nterakado
    Moderator

      ご提供いただいた環境で確認しておりますが、
      LocalizeMUSICノードでの計算量が多いため、処理速度が遅くなっているようです。
      対策として、PERIODの値を大きくすることで処理を早くすることは可能ですが、
      定位の精度が下がるためチューニングが必要となります。

      そもそも、マイクのチャネル数と音源の数が多いため、
      高性能な計算サーバ等でなければ処理速度が追い付かない可能性が高いです。

      また、使用されている伝達関数ですが、
      音源座標ファイルの頂点(x,y,z)=(0,0,1)のIDが複数ありますので、
      重複しているIDを削除していただくことを推奨します。

      分離される音声が短くなる件ですが、
      LocalizeMUSICで定位する際に、PERIODで設定した音声フレーム(10ms)ごとに処理します。
      このため、デフォルトのPERIOD:50では最初の50フレーム(500ms)分は検出されません。
      また、終端の50フレーム未満も同様に検出されませんので、
      最大で先頭50フレーム(500ms)+終端49フレーム(490ms)の合計990msは定位結果として検出されません。
      実際、こちらで確認した際は、530msほど欠落しており、PERIODを1に設定した際は30ms程度の欠落となりました。

      このため、定位結果はどうしても実際の入力音声より短くなります。
      また、これを防ぐと計算量が増加し、処理が遅くなります。

      速度と精度のどちらを重視するかによって調整する必要がありますので、
      あらためて目的と優先順位を検討していただければと思います。

      以上、よろしくお願いいたします。
      HARKサポートチーム

      • This reply was modified 3 weeks, 2 days ago by nterakado.
      • This reply was modified 3 weeks, 2 days ago by nterakado.
      • This reply was modified 3 weeks, 2 days ago by nterakado.
      • This reply was modified 3 weeks, 2 days ago by nterakado.
      • This reply was modified 3 weeks, 2 days ago by nterakado.
      in reply to: 2台のマイクで音源定位がしたい #2769
      nterakado
      Moderator

        複数のHARKプロセスを起動することは可能ですが、HARK Designerからはできません。
        CLIでharkmwコマンドを使用してください。

        $ harkmw <ネットワークファイル> <ARG1> <ARG2> ..

        ただし、複数のHARKプロセス間での同期をとる必要がありますので、
        複数のマイクを一つのデバイスとして処理するほうが実現しやすいかと考えます。

        参考までにネットワーク構成図を添付します。

        • This reply was modified 1 month ago by nterakado.
        Attachments:
        in reply to: 実行速度向上の問題 #2765
        nterakado
        Moderator

          お手数おかけして申し訳ありません。
          大容量のファイルであれば、
          ギガファイル便等のファイル転送サービスをご利用いただければと思います。

          以上、よろしくお願いいたします。
          HARKサポートチーム

          in reply to: 2台のマイクで音源定位がしたい #2758
          nterakado
          Moderator

            お問い合わせありがとうございます。

            ご質問の件ですが、
            前提としてHARKは複数のマイクを別ノードとして使用する設計になっておりません。
            これは、シングルスレッドのため複数のデバイスでの同期ができないためです。

            対策としては、複数のマイクをOS側で一つのデバイスとして制御しHARK側では一つのノードで処理することなどがあります。

            また、目的によっては異なる実現方法があるかもしれませんので、
            差し支えなければなんのために複数のマイクを使うのかご回答いただけますでしょうか。

            以上、よろしくお願いいたします。
            HARKサポートチーム

            in reply to: 実行速度向上の問題 #2757
            nterakado
            Moderator

              お問い合わせありがとうございます。

              申し訳ありませんが、
              入力する音声ファイルや、設定しているパラメータによって異なりますので、
              回答が難しいです。

              ご使用されている環境(音声ファイル、.nファイル)をご提供いただければ、
              こちらで調査もできますが、可能でしょうか?
              また、その際は使用されているHARKのバージョンやOSの情報も頂けると調査がスムーズに行えますので、
              ご検討ください。

              以上、よろしくお願いいたします。
              HARKサポートチーム

              in reply to: 連続してループ中のループを実行する問題 #2736
              nterakado
              Moderator

                申し訳ありませんが、Windows版のサポートは終了しております。
                最新のAnaconda環境に対応していないこともあり、
                Windowsホストでご利用する場合は
                VMware等の仮想環境でLinuxのVMイメージを実行する方法をご案内しています。

                以上、よろしくお願いいたします。
                HARKサポートチーム

                in reply to: 音源分離の問題 #2712
                nterakado
                Moderator

                  お問い合わせありがとうございます。

                  現在のharkでは、扱えるチャンネル上限を16としており、
                  変更するためには再ビルドが必要となります。

                  ビルド時に、hark-coreのlibseparation/MICARY_def.hに記述している
                  __MICARY_def_MAX_NCHを変更してください。

                  具体的なビルド方法については、下記ページのInstallation from Source Compilationを参照してください。
                  https://hark.jp/install/linux/

                  ご不明な点がございましたら、
                  ご連絡願います。

                  以上、よろしくお願いいたします。
                  HARKサポートチーム

                  in reply to: 連続してループ中のループを実行する問題 #2707
                  nterakado
                  Moderator

                    ご連絡ありがとうございます。

                    こちらで想定していたものと違う使用法でしたので、
                    すぐにご用意できるサンプルがありません。
                    申し訳ありませんが、少しお時間をいただきたく思います。

                    また、確認なのですが、
                    複数のファイルを次々に再生するのではなく、
                    一度選択したファイルをループ再生するという目的でよろしいでしょうか?

                    以上、よろしくお願いいたします。
                    HARKサポートチーム

                    in reply to: 第18回HARK講習会実習1:音源定位について #2659
                    nterakado
                    Moderator

                      お問い合わせありがとうございます。

                      第一に、Windows版は既にサポート終了しており、Windows 11での動作実績もないことをご了承ください。

                      ご参考にされた第18回HARK講習会ではUbuntu 20.04のVirtusl Machineを使用していますので、
                      細かい部分での動作が異なります。
                      現在でもGoogle Driveから入手可能ですので、そちらを参照して頂くことをお勧めします。

                      第18回HARK講習会資料

                      第21回HARK講習会資料

                      その他の不明点があれば、ご連絡ください。
                      HARKサポートチーム

                      • This reply was modified 11 months ago by nterakado.
                      in reply to: harktool5 伝達関数生成時のエラーについて #2649
                      nterakado
                      Moderator

                        お問い合わせありがとうございます。

                        音源座標ファイルの作成時に問題があるように見受けられます。
                        下記ページにありますよう、
                        具体的なファイル名ではなく複数のファイルをフォーマット指定する必要があります。

                        https://www.hark.jp/document/packages/harktool5-gui-ja/harktool5-gui.html#create-source-label

                        例として、
                        音源座標ファイルの作成時のWave File Pathを添付画像のように指定する必要があります。

                        以上、よろしくお願いいたします。
                        HARKサポートチーム

                        • This reply was modified 11 months, 1 week ago by nterakado.
                        • This reply was modified 11 months, 1 week ago by nterakado.
                        in reply to: 雑音情報ファイルの生成について #2588
                        nterakado
                        Moderator

                          お問い合わせありがとうございます。

                          ご提供頂いたネットワークファイルにて現象を確認したところ、
                          一部ノードが想定通りに動作せずファイル生成されていないことが分かりました。
                          具体的には、CMMakerFromFFTwithFlag ノードで ADDER_FLAG が真(1)から偽(0)に変化した際に加算した相関行列の平均が出力されるはずなのですが、そこがうまく動作していません。

                          しかしながら、なぜ動作していないかの原因までは突き止められておりません。
                          また、現在はHARKの新バージョン(3.4.0)リリース直前ということもあり、
                          調査するためのリソースが取れない状況です。
                          大変申し訳ございませんが、解決までに時間がかかることをご了承いただければ幸いです。

                          以上、よろしくお願いいたします。
                          HARKサポートチーム

                          in reply to: Hark Installation Problem #2582
                          nterakado
                          Moderator

                            To deal with this, either lower the version of Anaconda or use the Ubuntu version.

                            To lower the version, you can download and use Anaconda3-5.3.0-Windows-x86_64.exe from the following site
                            https://repo.anaconda.com/archive/

                            Note that the Windows version of HARK is no longer supported.

                            If you wish to use HARK in a Windows environment, it is recommended that you install the Ubuntu version using Virtual Machine.

                            WSL may cause problems with USB device recognition, etc. and is not recommended.

                            Best regards,
                            HARK Support team.

                            • This reply was modified 1 year, 8 months ago by nterakado.
                            • This reply was modified 1 year, 8 months ago by nterakado.
                            in reply to: iGEVD-MUSIC法について #2570
                            nterakado
                            Moderator

                              お問い合わせありがとうございます。

                              ご不便をおかけして申し訳ありません。
                              ご提供頂いたファイルで再現したところ、
                              最新版における不具合ということが確認できました。

                              以前のバージョンであれば動作いたしますので、
                              可能であれば、そちらをご使用いただけますでしょうか?
                              動作確認できた最新のバージョンは3.0.0となりますが、
                              Ubuntu 18.04 までしか対応しておりませんので、
                              新しい環境(実機もしくは仮想)をご用意いただく必要がございます。

                              その他、ご不明な点がございましたらコメントにてご返信ください。

                              お手数をおかけしますが、以上よろしくお願いいたします。
                              HARKサポートチーム

                              nterakado
                              Moderator

                                ご指摘ありがとうございます。

                                本件、こちらでも確認しております。
                                大変申し訳ございませんが、
                                対応するまでに時間がかかりますので
                                allowremoteオプションを使用されるのであれば、
                                お手数ですがご自身で起動スクリプトを修正していただければ幸いです。

                                また、利用者からのご指摘・ご報告は他の利用者にもプラスとなりますので、
                                このFORUMでのご連絡も問題ございません。

                                以上、よろしくお願いいたします。
                                HARKサポートチーム

                                in reply to: 音源分離でエラーが発生する #2533
                                nterakado
                                Moderator

                                  ネットワークファイルのご提供ありがとうございます。

                                  ざっと確認させていただいたところ、
                                  伝達関数やチャネル数をはじめとしていくつかのパラメータが空白となっておりました。

                                  お手数ですが、下記SampleのページよりHARK音声認識セットを取得いただいて
                                  ご確認をお願いいたします。

                                  https://hark.jp/download/samples/
                                  ファイル:HARK_recog_3.0.0_practice2.zip

                                  以上、よろしくお願いいたします。
                                  HARKサポートチーム

                                Viewing 15 posts - 1 through 15 (of 93 total)